happylabs2.gif JSDA.gif いつでも里親募集中 bana000-2.gif b-niji.gif 1-90.jpg

2010年04月11日

予感的中

100413_063320.jpg


今日はパパが休みだから一緒に病院行ったよ。
ちょっと怖い院長先生はいなくて
優しい副院長先生が診てくれたよ。
待ち合い室で隣にいたイエローラブの12歳の男の子が
偶然近所に住んでるみたいでママ達は色々お話してたよ。
その子は前立腺の病気で
近所の病院で治療してもダメだと言われたけど
ここの病院の噂を聞いてきたらすぐに手術して元気になったんだって。
副院長先生もとても優しい人柄だって。
そのラブちゃんの話を聞いて
ママもここの病院なら信用してお願いしようと決心したみたい。
いよいよあたちの番が来ていつもの注射をしてもらったよ。
でも先生が気になる事があるとお話を始めたよ…
血液検査の結果で白血球が36000と
昨年の秋と同じで普通の4倍もあって
肝臓の数値も40のところ130もあるんだって。
しかも血液中にリンパ腫らしきものが見つかったから
できれば詳しく検査したいって。
エコーで子宮と肝臓を一緒に見れるし
今のところは肝炎か最悪な場合は腫瘍の可能性もあるけど
検査するかどうかはママ達の判断に任せるって。
肝臓に注射針を刺して組織を調べたらすぐにわかるんだって。
あたちに負担のない検査と聞いてママ達はお願いしたよ。
治せるなら頑張りたいしね。
お腹の毛を少し剃って
ママが顔を撫でてパパが手を握って
先生達3人でエコーを診てくれたよ。
子宮は大丈夫と言ってホッとしたんだけど
やっぱり嫌な予感は当たったみたい。
肝臓に2センチ位の腫瘍がいくつか見つかっちゃった。
そこに注射針を一瞬刺して組織を取ったよ。
待合室でママ達は祈る思いで待ってたんだけどね。
再び診察室に呼ばれると
画面にさっき取ったあたちの肝臓組織が写ってた。
それから先生が持ってきた病気の本の開いてたページを見て
ママは頭が真っ白になったって。
そこには『悪性リンパ腫』と書いてあったよ。
画面を見ながら先生も肩を落として残念そうに説明してくれた。
ママは泣きながら一生懸命こらえてパパと話を聞いてたよ。
あたちもママもいつものただの下痢ピーだと思ってたのにね。
このまま何もしなければあと1ヶ月位の命だって・・・
2通りの治療法があるので今晩家族で考えてほしいって。
徹底的にガンと闘うけど良い細胞も殺してしまうので
副作用も出て違う病気を併発してしまう可能性がある抗がん剤治療か
どれだけ生きられるかわからないけど
本人になるべく負担がかからず痛みを和らげる薬を使う方法か…
でもママは聞いた時から心に決めてたみたい。
抗がん剤を使っても今まで1年以上生きた子はいないんだって。
それならあたちが苦しまないように
自然にお空に行けるようにしてあげたいって。
帰りの車の中であたちを抱きしめて
ママはずっと泣いてたけど何か悪い事があったのかな。
ばあばも話を聞いて急に泣き出すし
パパはがっくりしてるしみんな変だよ。
あたちはお腹がすいてヘトヘトだよ。
今度はママが食欲なくなっちゃって心配だよ。
倒れたらあたちが困るから頑張って。

ニックネーム かりんママ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2059111
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック